ご相談は無料 お問い合わせはこちら

TEL:03-5573-2299

受付時間10:00~19:00 (土・日・祝日以外)

有森裕子

有森裕子

有森裕子 (アリモリユウコ)

ジャンル
スポーツ・解説者/文化人
出身地
岡山県
性別
ブログ
http://animo.aspota.jp/

有森裕子の出演可能なイベント

講演会/トークショー

有森裕子 について

1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。
バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。
2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。
1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。
2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、取締役就任。
現在、国際陸連(IAAF)女性委員、日本陸連理事、国連人口基金親善大使、スペシャルオリンピックス日本理事長、他。
米国コロラド州ボルダー在住。

競技歴

1990年

大阪国際女子マラソン6位2時間32分51秒(初マラソン日本最高記録)

1991年

大阪国際女子マラソン2位2時間28分01秒(日本最高記録)

1991年

世界陸上選手権女子マラソン4位2時間31分08秒

1992年

バルセロナ五輪女子マラソン2位2時間32分49秒

1995年

北海道マラソン女子優勝2時間29分17秒(大会新記録)

1996年

アトランタ五輪女子マラソン3位2時間28分39秒

1999年

ボストンマラソン3位2時間26分39秒(自己ベスト)

2000年

大阪国際女子マラソン9位2時間31分22秒

2000年

ニューヨークマラソン10位2時間31分12秒

2001年

東京国際女子マラソン10位2時間31分00秒

2001年

ゴールドコーストマラソン優勝2時間35分40秒

2007年

東京マラソン2007 5位2時間52分45秒

活動

国際陸連(IAAF)女性委員

日本陸連競技連盟理事

日本陸上競技連盟女性委員会特別委員

特定非営利活動法人「ハート・オブ・ゴールド」代表

国連人口基金親善大使

スペシャルオリンピックス日本理事長

日本体育大学及び日本体育大学女子短期大学部客員教授

日本警察消防スポーツ連盟特別顧問

社会貢献支援財団評議員

笹川スポーツ財団評議員

東京オリンピック・パラリンピック招致大使

緑の東京募金実行委員

平成20年度夢アスリート養成事業プロジェクト委員

著書

1997年

「アニモ」(株)メディアファクトリー刊

2003年

「わたし革命」岩波書店刊

「有森裕子と読む人口問題ガイドブック」国際開発ジャーナル社

2009年

「スマイル・ランニングフォー・レディース」保健同人社刊

コラム

「有森裕子の挑戦主義」連載中 中日新聞(東京新聞)

タレント依頼.com STAFF BLOG
検索
  • 苗字と名前の間はスペースを空けず、漢字orカタカナ(全角)で入力して下さい。
  • 苗字or名前のみの検索も可能です。
検索